公認心理師

知覚・認知心理学

明るさとコントラストの知覚-プルキンエ現象、明順応・暗順応、明るさの対比効果、マッハ現象

明るさとコントラストの知覚はどのようになっているのでしょうか? 明るさの知覚では明順応と暗順応が有名です。また、プルキンエ現象と呼ばれる現象も知られています。 コントラストの知覚では、明るさの対比効果、マッハ現象などがあります...
知覚・認知心理学

色の知覚-加法混色・減法混色、三色説・反対色説・段階説

人はどのようにして色を知覚しているのでしょうか? 色の知覚(色覚)では、三色説と反対色説が有名です。また、加法混色と減法混色というものも存在しています。 今回は、光の波長と色の関係、加法混色と減法混色、三色説と反対色説と段階説...
2019.03.30
試験対策

第1回公認心理師国家試験-要点解説と必修用語

公認心理師試験に限らず、試験対策では過去問を活用して勉強していく方法があります。 過去問集は何冊か発売されますが、今回は『第1回公認心理師国家試験-要点解説と必修用語』を取り上げます。 ※購入して中身を確認した上で記事を書いて...
2019.03.24
公認心理師

【2019年】第2回公認心理師試験出題基準・ブループリント

2019年(平成31年)3月20日に、第2回公認心理師試験出題基準・ブループリントが公表されました。 第2回公認心理師試験はこの出題基準・ブループリントに基づいて出題されるため、試験勉強をする上で重要な情報です。 国家試験合格...
2019.03.24
公認心理師の職責

公認心理師の多職種連携

公認心理師は他職種との連携を重視した資格になっています。チーム医療やチーム学校のように、多職種連携が行われている中に公認心理師が入っていることがその理由と考えられます。 相談室にこもってクライエントにだけ向き合いたいのであれば、公認...
関係行政論

少年法と少年の刑事事件まとめ【公認心理師試験対策】

公認心理試験対策として少年法と少年の刑事事件を覚える場合、その流れをまとめて理解していくと効果的です。 今回は少年法と少年の刑事事件を次のような視点からまとめます。 少年法について家庭裁判所の調査家庭裁判所の審判保護処分少年院...
関係行政論

4領域の福祉施設の根拠法と機能

福祉の領域は、保健福祉領域、児童・家庭福祉領域、高齢者福祉領域、障害者福祉領域に分けられることがあります。 この4領域の福祉施設にはどのようなものがあり、その根拠法と機能はどうなっているのでしょうか? 今回は『公認心理師エッシ...
公認心理師

【2019年8月4日実施】第2回公認心理師国家試験の概要

第2回公認心理師国家試験が2019年8月4日(日)に実施されることが公示されました。第1回と比べて試験日が約1か月早まることになります。 2019年2月13日(水)に公示された官報に、第2回公認心理師国家試験の施行について書かれてい...
2019.03.21
公認心理師

公認心理師の会

公認心理師の職能団体として、公認心理師の会があります。公認心理師として活動していく上で職能団体は重要な存在と言えます。 公認心理師の会がどのような職能団体かを見ていきましょう。 公認心理師の会 公認心理師の会は公認心理師...
公認心理師

日本公認心理師協会

公認心理師の職能団体として、一般社団法人日本公認心理師協会があります。公認心理師として活動していく上で職能団体は重要な存在と言えます。 日本公認心理師協会がどのような職能団体かを見ていきましょう。
2019.02.15
スポンサーリンク