試験対策

関係行政論

少年法の目的と少年の定義、非行少年の分類

少年法にはいわゆる「非行少年」と呼ばれる少年の分類があります。少年法やそれに関係する制度などを理解するためには、非行少年が重要なものとなります。 公認心理師国家試験でも少年法は重要な法律であるため、非行少年についてしっかりと覚えてお...
2019.03.10
試験対策

心理学検定基本キーワード改訂版

公認心理師国家試験の試験対策として心理学分野の知識を覚えるためには、心理学検定のテキストである『心理学検定基本キーワード改訂版』が役に立ちます。 純粋に心理学に関する知識を幅広く知るという意味でも、活躍してくれるテキストと言えます。...
2019.02.06
試験対策

心理学検定一問一答問題集A領域編・B領域編

公認心理師国家試験の心理学分野の勉強には、心理学検定が活用できます。心理学検定にはA領域とB領域があり、全領域を見ると公認心理師試験の心理学分野と重なっていることがわかります。 『心理学検定一問一答問題集』はA領域編とB領域編に分か...
2019.02.04
試験対策

公認心理師必携テキスト

公認心理師国家試験はブループリント(出題基準)に基づいて出題されます。そのため、ブループリントを網羅したテキストが重要になります。 ブループリントを網羅した初めてのテキストとして出版されたのは『公認心理師必携テキスト』です。600ペ...
2019.02.06
公認心理師の職責

公認心理師法第 42 条第2項に係る主治の医師の指示に関する運用基準

公認心理師法第42条第2項の「医師の指示」に関する運用はどのように行われるのでしょうか?その運用基準は公認心理師として知っておく必要があります。 心理職の国家資格が誕生するに当たって、多くの議論がなされたことの1つが「医師の指示」に...
2019.02.04
公認心理師の職責

公認心理師の法的義務と罰則・行政処分

公認心理師は、公認心理師法で定められた国家資格であるため、法的な義務も課されています。そして、罰則規定もあります。登録取り消しや資格の使用停止などの行政処分もあります。 試験対策としても法的義務と罰則・行政処分は重要ですが、実際に公...
2019.12.28
公認心理師の職責

公認心理師の定義と役割・業務

公認心理師は公認心理師法で定められた国家資格です。その役割・業務も法律によって規定されています。公認心理師を目指す人は、公認心理師の定義と役割・業務を確認して、理解しておく必要があります。 また、公認心理師国家試験の試験対策としても...
2019.02.12
関係行政論

精神保健福祉法による入院形態-任意入院、措置入院、緊急措置入院、医療保護入院、応急入院

精神保健福祉法における入院形態は公認心理師試験の試験対策で重要なものの1つです。それぞれの入院形態を見ていきましょう。
2019.02.25
試験対策

公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法

公認心理師は保健・医療分野を重視した資格となっています。そのため、精神医療についての知識は必須と言えます。 公認心理師として知っておく必要がある保健・医療分野の知識をまとめたテキストとして、『公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識...
2019.02.04
試験対策

公認心理師エッセンシャルズ第2版

公認心理師は公認心理師法に規定された国家資格なので、これまで以上に法律や制度についての知識が必要とされます。 臨床心理士などの資格でも法律や制度とは無縁ではいられませんが、国家資格はそれ以上に法律や制度との関係が強くなります。 ...
2019.02.04
スポンサーリンク