公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法

公認心理師は保健・医療分野を重視した資格となっています。そのため、精神医療についての知識は必須と言えます。

公認心理師として知っておく必要がある保健・医療分野の知識をまとめたテキストとして、『公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法』があります。

保健・医療分野で働いた経験がない人にとっては、とても役立つ1冊となっています。

公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法

『公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法』は、公認心理師に必要な精神医療・臨床心理に関する知識をまとめたテキストとなっています。

目次は次のようになっています。

第1部 チーム医療と心理師の役割
第1章 医療の基本知識
第2章 チーム医療
第3章 医療におけるメンタルヘルス


第2部 精神医療の基本
第4章 精神症状のみかた
第5章 診断とその経過
第6章 治療のあり方
第7章 薬物療法


第3部 精神医療システム
第8章 精神医療資源
第9章 精神保健サービス
第10章 関連する法規と制度


第4部 心理師の専門技能
第11章 心理師の役割とスキル
第12章 心理アセスメントの技法
第13章 個人心理療法
第14章 家族・集団支援技法
第15章 コミュニティ・アプローチ


第5部 問題別心理介入プロトコル
第16章 不安関連障害
第17章 抑うつ障害
第18章 統合失調症スペクトラム障害
第19章 発達障害
第20章 心身症
第21章 物質関連障害および嗜癖性障害
第22章 触法精神医療における心理的アプローチ
第23章 身体疾患に伴う心理的問題
第24章 プロトコルの適用が困難な事例への対処

『公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法』

第1部は、チーム医療がどのようなものなのか、その中で公認心理師はどのような役割を求められるのか、ということが書かれています。感染対策など、公認心理師として働く以前に、医療従事者として知っておかなくてはいけないことも知ることができます。

第2部は、精神症状や診断と治療などが書かれています。精神疾患ごとに症状や原因、治療について説明されています。概要をつかむという意味では役に立つと思います。最後の章には薬物療法についても載っています。

第3部は、精神医療がどのようになっているのか、精神保健サービスにはどのようなものがあるのかということが書かれています。関連する法規と精度もあるので、関係行政論の一部も学ぶことができると思います。

第4部は、保健医療分野での公認心理師の役割とスキルなど、心理師の専門性に関係する内容です。アセスメントや個人心理療法、家族・集団支援技法、コミュニティ・アプローチについても書かれています。

第5部は、精神疾患ごとに介入プロトコルについて書かれています。症例やエビデンスなども載っているので、経験がなくてもイメージしやすいと思います。書かれている内容が認知行動療法(CBT)に偏っていると感じる人もいるかもしれません。

公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法の使い方

『公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法』は、医療の基本知識についても書かれています。

公認心理師は保健・医療分野でも活躍することが期待されているため、他の医療職と同等の医療に関する基本的な知識が求められます。

保健・医療分野で働いている人にとっては当たり前のことが書かれているかもしれませんが、保健・医療分野の経験がない人にとっては新たに覚える必要のあることがたくさん含まれています。

医療領域に関することがまとめられているので、このテキストを起点として、詳細なところは他のテキスト等を使っていくといいと思います。

医療の基本や精神医療・臨床心理の知識等を大まかに知るという意味で、最適なテキストの1つと言えるでしょう。

コメント