【2019.4.18~19】2019年度認知行動療法ベーシック研修【研修番号:190-1】

2019年度認知行動療法ベーシック研修【研修番号:190-1】

国立精神・神経医療研究センターの認知行動療法センター主催の研修です。認知行動療法について学べます。

概要

認知行動療法は様々な疾患に対する有効性が確立した治療法ですが、どのような疾患を対象とする場合であっても、認知行動療法の基本原則を理解していることが前提となります。本研修では、認知行動療法を実施するうえで必要となる基礎知識、基本的技能を習得することを目的とします。

http://cbt.ncnp.go.jp/training/archives/41
  • 認知行動療法の基本的な考え方
  • 協働的治療関係
  • 事例の概念化
  • 心理教育
  • セッションの構造化とアジェンダ設定
  • 認知行動療法の基本的介入技法(認知再構成法、問題解決法など)

講師

  • 堀越勝(認知行動療法センター センター長)
  • 伊藤正哉(認知行動療法センター 室長)
  • 蟹江絢子(認知行動療法センター)
  • 片柳章子(認知行動療法センター)
  • 山口慶子(認知行動療法センター)

日時

1日目:2019年4月18日(木)10:00~17:00
2日目:2019年4月19日(金)10:00~17:00

会場・アクセス

会場:国立精神・神経医療研究センター 教育研修棟 ユニバーサルホール1・2

アクセス:
西武拝島線・多摩湖線 萩山駅 徒歩7分
JR武蔵野線 新小平駅 徒歩10分

参加資格

  • 精神科医療に従事している下記の者
  • 医師
  • 心理職
  • 看護職
  • 精神保健福祉士
  • など

参加費

30,000円

定員

120名(応募者多数の場合は抽選)

申込締切

2019年2月1日(金)~3月13日(水)

主催

国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター

その他

  • ジュディス・ベック著『認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで第2版』に目を通しておくことが望ましい

参加申込

国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター
http://cbt.ncnp.go.jp/training/archives/41


その他の学会・研修情報

2019年の学会・研修会等の情報(心理系)

コメント