【2019.3.10】インターネット世代を考える~ゲーム障害とは何か~

インターネット世代を考える~ゲーム障害とは何か~

兵庫県立ひょうごこころの医療センター主催のゲーム障害に関する市民公開講座です。

概要

少し前まで「テレビ漬け」と言われたテレビ世代は、「ゲーム三昧」のこの世代にどのように向き合えばよいのでしょ
うか。現在の若者は生まれたときからインターネットや電子機器があってつかっているデジタル・ネイティブといわれ
る世代です。その世代をどのように理解しどのように付き合っていくのがよいのでしょうか。
そうした課題に直接向き合う現場からのご報告とそれについての理解について議論を深めて参りたいと思います。

http://hmhc.jp/images/2019/01/c3cc63b83a996cd30d9f86c04e0b2b79.pdf(PDFファイル)
  • 和田慶太:「僕ゲーマーですけど、何か?~当事者としての治療者~」
  • 西崎渉:「学校で、今起きていること」
  • 吉川徹:「ゲームとネットの豊かな世界~子どもたちはそこで何をしているのか~」
  • 樋口進:「ゲーム障害の歴史、定義、実態および治療」
  • 長谷川寿一:「スマートフォン世代の若者たち-進化心理学の視点から」

講師

シンポジスト

  • 長谷川寿一(東京大学名誉教授)
  • 樋口進(久里浜医療センター院長)
  • 吉川徹(愛知県医療療育総合センター中央病院 児童精神科医長)
  • 西崎渉(神戸市留津大池中学校校長)
  • 和田慶太(兵庫県立ひょうごこころの医療センター 精神科医長)

座長

  • 田中究(兵庫県立ひょうごこころの医療センター院長)
  • 関口典子(兵庫県立こども病院 精神科部長)

日時

2019年3月10日(日)14:00~17:00(13:30開場)

会場・アクセス

会場:ラッセホール 2F ローズサルーン

アクセス:
神戸市営地下鉄 県庁前駅 400m
JR・阪神 元町駅 東改札口 700m
JR・阪急・阪神・神戸市営地下鉄 三宮駅 1.1km
高速 花隈駅 1.1km

参加資格

記載なし

参加費

無料

定員

300名

申込締切

2019年3月1日(金)
※手話通訳・要約筆記ご希望の方は2月22日(金)
※空席があれば当日でも入場可能

主催

兵庫県立ひょうごこころの医療センター

その他

参加できる場合の連絡はありません。そのまま当日会場へ。

参加申込

兵庫県立ひょうごこころの医療センター
http://hmhc.jp/images/2019/01/c3cc63b83a996cd30d9f86c04e0b2b79.pdf(申込用紙、PDFファイル)


その他の学会・研修情報

2019年の学会・研修会等の情報(心理系)

コメント